Aiming 開発者クレド

コードの重視・ Output 重視

ソフトウェア受託開発の大規模な連鎖の中で、プロジェクトが失敗したりエンジニアが割を食ったりするというのは、日本ではよくある話です。

ふくれあがるコミュニケーションのオーバーヘッドに対応するために、いろいろな工程に投入される「プログラミングのできない設計者」もしくは「単なる仕切り屋と化すプログラマ」。
設計者と実装者と管理者を完全に分けてしまってケンカになるのは、皆にとっての不幸です。
料理を作れない人がレシピを書いていたり、料理人が号令だけかけていては、おいしい料理は作れないでしょう。

Output 重視の開発

Aiming 制作風景

Aiming では、とにかくソースコード重視、Output 重視というポリシーを置いています。
これは採用、組織編成などいたるところに現れています。
作業は、工程で分担するのではなく、1人のエンジニアがある機能の完成までの全てを行います。この方が、責任も明確ですし作る実感も沸きます。

また、gerrit 等を使ったコードレビューも行っています。コードレビューは、品質保障と技術者としての成長という2つの点で重視されています。

Output 重視の採用

採用においては、あなたが世の中に何を公開しているか、あなたが個人の興味によって何を作ったかを常に評価します。
どこの大学を出でどんな資格を取った、どの会社で何のプロジェクトに参加したといったことよりも、github のコードや、オープンソースへのコミットや、オープンでなくても個人的に作ったオレオレツールやスクリプト、作りかけの dog food 、ブログや Twitter などを見ます。
これは、所属した組織ではなく、「あなたが実際に生み出した価値は何か」に興味があるからです。(もちろん今まで会社の中で価値を出してきた人もいるので、全ての人をこの軸で評価するというわけではありませんが。)

また、自分で作った何かを公開していることは、小さくても何かを世に出して評価される勇気を持っていることの証明です。これは非常に立派なことです。

孔子の言葉に「子曰く、これを知る者はこれを好むものに如かず。これを好むものはこれを楽しむ者に如かず。」というものがあります。

会社ではなく個人の output は、あなたが何を好きかを如実に表しています。
コーディング自体が楽しいという動機にせよ、ウェブサービスを作って世の中を変えたいという動機にせよ、アツくなっているかどうかが、尖った才能をさらに磨くでしょう。
「好き」ということこそが、その人に与えられた才能なのですから。

チーム対問題の原則とツッコミビリティ