代表・マネージャー紹介

CEO(最高経営責任者)
椎葉 忠志
椎葉忠志
1973年生。立教大学卒業後、1997年テクモ株式会社に入社。2003年、株式会社ゲームオンに入社、2006年12月東証マザーズにIPO、2008年3月同社常務取締役退任。2008年6月、ONE-UP株式会社代表取締役就任。2011年5月同社退任。2011年5月から現任。
家庭用ゲーム開発からゲーム業界のキャリアをスタート。ゲームオンでは日本で最初に最も成功したFreeToPlay(基本無料)型MMORPG「REDSTONE」の立ち上げなどが有名。ONE-UPではソーシャルゲーム初期の代表的なヒット作「ブラウザ三国志」「戦国IXA」等を立ち上げ成功させる。どのような時代であっても、インターネットに繋がるゲームで革新的な最初の成功を出し続けるためのオンラインゲーム事業計画立案、運営、開発、マーケティングについて現場レベルから経営レベルまで幅広い知識と実績を持つ。
CFO(最高財務責任者)
渡瀬 浩行
渡瀬 浩行
1972年生。早稲田大学政経学部卒。1997年アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア株式会社)に入社し、会計・経営管理領域を中心 にコンサルティング業務に携わる。2005年4月、携帯電話向けゲーム配信を行う株式会社ライブウェアの取締役経営管理本部長に就任。2011年 5月同社取締役退任後、2011年6月から現職。
COO(最高執行責任者)
萩原 和之
萩原 和之
1973年生。電気通信大学出身。株式会社セガを経て、1998年株式会社サイバーフロントの設立に参画。
2001年より株式会社ゲームオン創業メンバーの一人として、同社の発展を支えた。執行役員システム管理本部長を経て、2008年3月同社取締役オンライン事業本部長に就任。日本で大きな実績をあげているオンラインシューティングゲームの「A.V.A.」を成功に導いた。同時に、日本オンラインゲーム協会(JOGA)の理事も兼任し、オンラインゲームのセキュリティの第一人者として、JOGAセキュリティ分科会の初代座長を務める。2011年10月に同社取締役を退任し、2012年4月から現職。オンラインゲームのシステム構築及び運用から事業の展開まで深い経験と知識を持つ。
台湾スタジオ
平田 尚武
平田 尚武
1972年生。株式会社ナムコにて、鉄拳シリーズ、ソウルキャリバーシリーズを中心に開発深部に携わり、キャラクター立案から制作・調整までを一貫して行うチームに所属。チームの牽引役として貢献する。
2003年、ディレクターとして台湾のゲーム開発会社と協業し、Bounty Hounds(中文名: 星戰傭兵)を制作。100名を超える台湾人を中心とした現地チームをまとめあげ、製品化・プロモーションまでを完遂。その後、株式会社バンダイナムコゲームスを経て、株式会社バンダイナムコオンラインにてオンラインゲームの開発、運営のノウハウを吸収。
2012年1月より現職。海外拠点での開発チーム編成、運営に実績を持つ、生粋の現場主義者。