Aiming について

Aiming が目指すもの

Aiming 事業内容

Aiming は WEB/スマートフォン向けのソーシャルゲーム/オンラインゲームの開発を積極的に進めています。

中心となるスタッフはオンラインゲームについて10年、基本無料のビジネスモデルについて7年のキャリアがあり、技術面/ゲームデザイン面のどちらにも他社にはない経験と実績があり、過去にはWEBブラウザオンラインゲーム「ブラウザ三国志」(AQインタラクティブ)「戦国IXA」(スクウェア・エニックス)「英雄クエスト」(DeNA)や国産では数少ない3D-MMORPG「ブレイドクロニクル」の開発を行いました。

この経験と実績を活かして、スマートフォンなどの新しいデバイスの発展=すべての端末がインターネットに繋がる時代において、世界的な成功を成し遂げる事が Aiming の目標になります。

代表メッセージ

代表取締役社長 椎葉 忠志
代表取締役社長 椎葉 忠志

何年も前から言われていた事だが、「すべての端末がインターネットに繋がる」時代が本格的にやってきた。我々の視点では「すべての端末でオンラインゲームが遊べる」時代がやってきたということ。

しかし、それは同時に世界的な激しい競争の時代が来たとも言える。WEBでもスマートフォンでも共通のデバイスやプラットフォームの上で世界中の誰でもゲームを作る事ができる。

過去の家庭用ゲームは「先進国」のみの遊び。オンラインゲームはトルコでもブラジルでもベトナムでもインドネシアでも大流行している。ゲームの市場はまだここから2倍3倍になる事はスマートフォンの普及や世界の国々が豊かになっていく事を考えても間違いない。

ここ数年のソーシャルアプリの発展で「ゲーム」は既に大きなマーケットになってるように感じる人がいるかもしれないが、いやいや、まだ始まったばかりだと思う。ちなみに我々の視点では「ソーシャルアプリ」も「オンラインゲーム」の1ジャンル。

過去にこれほどの大きなチャンスが見えていたタイミングがあるんだろうか? この時期に優秀なスタッフと大きなチャンスに挑戦できる事を感謝したい。

我々がどこまで行けるか挑戦したい。何が成し遂げられるか挑戦したい。夢って言葉は恥ずかしくて好きではないけど、夢というなら「本当にできるの?」という事を目指したい。世界的な激しい競争の中でライバルに勝つのは大変な事だろう。誰にでも出来る簡単な事ではないからこそ、我々が挑戦する意味がある。

代表取締役社長 椎葉 忠志