Aiming について

Aiming が目指すもの

Aiming 事業内容
当社は2011年に設立された会社ですが、家庭用ゲームやオンラインゲームの制作・運営などに携わってきた、業界15年以上の豊富な経験と実績を持ったメンバーが多く在籍しています。また、現在のスマートフォンゲームでも主流となっている基本無料+アイテム販売というビジネスモデルにおいては、日本のPCオンラインゲーム初期からの長いキャリアを持っています。 過去には、PCオンラインゲーム『RED STONE』(ゲームオン)、WEBブラウザゲーム『ブラウザ三国志』(AQインタラクティブ)や『戦国IXA』(スクウェア・エニックス)の開発を行い、2013年12月にスマートフォンゲーム『剣と魔法のログレス いにしえの女神』のサービスを開始しました。 これらの経験や実績を活かして、現在のスマートフォン、そしてこれから新しく出てくるであろうあらゆるデバイスにおいて、日本でもトップクオリティのオンラインゲームを開発し、世界的な成功を成し遂げることがAimingの目標です。

代表メッセージ

代表取締役社長 椎葉 忠志
代表取締役社長 椎葉 忠志
ある資料によると2016年の年間スマートフォン出荷台数は13.6憶台と言われている。過去に最も売れた家庭用ゲーム機が1.5億台といわれており、比較するとこの数字がいかに大きいものかわかると思う。世界中の人が、ゲームができる端末を肌身離さず持っており、いつでもどこでもゲームができる、今はそういう時代だ。 これは、世界中にチャンスがあふれていることを証明していて、我々ゲームの作り手としてはものすごく幸せな環境だ。この時期に優秀なスタッフと大きなチャンスに挑戦できる事を感謝したい。 中国を筆頭に世界のゲーム市場は年々大きくなっているが、同時に競争も激しさを増している。これからは日本だけではなく、世界のゲーム開発会社とも競争し、勝ち抜いていかなければならない。そして、当社がゲーム開発会社である以上、「クオリティの高いゲーム開発ができる力=ゲーム開発力」を上げていくしかない。 我々がどこまで行けるか挑戦したい。何が成し遂げられるか挑戦したい。夢って言葉は恥ずかしくて好きではないけど、夢というなら「本当にできるの?」という事を目指したい。世界的な激しい競争の中でライバルに勝つのは大変な事だろう。誰にでも出来る簡単な事ではないからこそ、我々が挑戦する意味がある。
代表取締役社長 椎葉 忠志